シニア住宅とは

シニア住宅とは、高齢者(高齢者単身、夫婦世帯等)が安心して住み続けられるように、次のような配慮が施された賃貸住宅です。

@高齢者の生活特性に配慮した仕様・設備の採用(事故防止)

 ある程度身体弱化した状況でも住み続けられる住宅の仕様・設備があること

A高齢者の日常の安心を確保するサービスの提供(生活不安解消)

 緊急時の対応、安否の確認、生活・健康相談、フロントサービス等の提供

B高齢者に配慮した家賃等の支払い方式の採用

 一時払い方式、月払い方式または一時払い・月払い併用方式の採用

 上記概念を含む一定の基準を満たす賃貸住宅について、(財)高齢者住宅財団がシニア住宅として認定を行うものです。

シニア住宅では一般に、介護施設、クリニック、生きがい作りのためのコミュニティー施設などを備えています。元気なうちに入居し、身体が不自由になれば併設の介護施設に移れる仕組みになっています。入居は60歳以上から。入居金は2500〜8000万位です。 

トップ > シニア住宅 > シニア住宅とは

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。