介護老人福祉施設とは

介護老人福祉施設とは、老人福祉法による特別養護老人ホームで、介護保険法の指定を受けた介護施設が介護老人福祉施設と呼ばれます。

65歳以上の方で、身体上または精神上著しい障害があるために、常時介護を必要とし、自宅での生活が困難な方が入所して、日常生活上の介護や機能訓練等を受ける施設です。

介護サービス計画については、施設内の介護支援専門員などによって作成され、サービスが提供されます。

入居の対象となるのは、介護保険の要介護認定で、要介護1〜5と判定された方です。

介護老人福祉施設に入居するには、市町村の高齢者福祉担当課、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業者の介護支援専門員に相談すると、紹介を受けることができます。

そのうえで入所を希望する介護施設が、受け入れ可能であれば、利用者と契約をします。

トップ > 介護老人福祉施設 > 介護老人福祉施設とは

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。