軽費老人ホームとは

軽費老人ホームとは、60歳以上の元気な高齢者で、家庭環境や住宅事情などから、自宅で生活するのが困難な方を、定額な料金で受け入れる自由契約の介護施設です。

身寄りのないまたは家族との同居が困難な方々に低額な料金でご入居頂ける、老人福祉法に基づく老人福祉施設です。60歳以上の方またはどちらかが60歳以上のご夫婦がご利用できます。

入所にあたっては所得の制限がありますので、確認が必要です。

軽費老人ホームには、3つの形態があります。最近増えているケアハウスは軽費老人ホームの1形態です。

1.軽費老人ホーム(A型):食堂があって食事を提供します。

2.軽費老人ホーム(B型):原則として食事の提供のない自炊の施設です。

3.ケアハウス:A型に似て食事が提供される施設ですが、介護が必要になったときは入居したまま在宅福祉サービスを利用することになります。

トップ > 軽費老人ホーム > 軽費老人ホームとは

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。