ケアハウスとは

軽費老人ホームの一種で、身体機能の低下などにより、独立して生活するには不安がある高齢者のための介護施設です。60歳以上が利用者の原則ですが、夫婦のどちらかが60歳未満でもかまいません。また軽費老人ホームとは違ってケアハウスには入所に当たっての、所得制限はありません。

ケアハウスは介護施設の中でも、個人の自立性・プライバシーが尊重された、限りなく「住まい」に近い軽費老人ホームです。また、心身状況に応じ「在宅」と同様に”在宅保健福祉サービス”が受けられ、生活の維持が図られます。

利用料金に関しては、食費等の生活費分及び家賃相当の管理費分は、全額自己負担になります(管理費は、入居時に一括で支払う方法もあります)。事務費については、入所者の所得に応じた負担となります。

トップ > ケアハウス > ケアハウスとは

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。