認知症(痴呆症)対応型共同生活介護(グループホーム)とは

認知症(痴呆症)対応型共同生活介護(グループホーム)は、共同生活が可能な認知症(痴呆症)の要介護者が、少人数(5〜9人)で共同生活しながら、日常生活上の介護やリハビリテーションを受ける介護施設です。

日本では、厚生省(現在の厚生労働省)の2000年度から2004年度の計画(通称、ゴールドプラン21)によって、これまで設置目標がなかった認知症高齢者グループホームを、2004年度までに3200ヶ所整備すると発表しました。また2000年度に制定された介護保険法に基づく介護保険制度により、介護サービス給付が利用できるようになり、認知症高齢者グループホームが急速に普及しています。介護保険制度では、グループホームといえば認知症高齢者型を指す。

認知症(痴呆症)対応型共同生活介護(グループホーム)の利用にあたっては、居宅介護支援事業者などが、現在の入居状況や本人・家族などの希望をもとに事業者と調整を行い、サービス提供が可能であれば、その事業者と利用者が契約します。入居すると、その施設で介護サービス計画の作成と、サービス提供が行われます。

トップ > 認知症(痴呆症)対応型共同生活介護(グループホーム) > 認知症(痴呆症)対応型共同生活介護(グループホーム)とは

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。